エバーラスティング  
         
                     
         
         

 西オーストラリア州を代表するワイルドフラワー エバーラスティング Everlastuings の咲き誇る風景を堪能した。

 日本をでる前、群生して咲いている写真をいくつか見てはいたが、これほどあちこちに群生地があるとは想像もしていなかった。それにこれほど広くとは。

 最初に訪れたのはコールシーム自然保護区。ここは整備された道を中心に回りその広さに驚いた次第。

 しかし次に訪れたところは、ただの群生地。あまりの美しさに惹かれて奥へ奥へと進んでしまった。そこの花は幾分密集した木立の下に咲いていたので遠くは見通せず、車を停めた位置が分からなくなってしまった。幸い家内が車の近くにいたので、大声を出して呼びかけ、事なきを得たのだった。

 白いエバーラスティングが地面いっぱいに咲く様子を見たときは、新雪が赤い大地に降り積もったのかと思えた。風がさらさらと吹けば、ワタスゲがそよいでいるのかととまどった。

 白い花が一番多かったが、黄やピンクも群生していた。場所によっては三色の花がきれいに混ざり合い、赤土のカンバスと青い空が花々を盛り立てていた。

 一号線をカルバリに向かう道付近から北は群生地だけではない。道路の路肩も、花模様のカーペットを敷詰めたようだった。写真を撮りたい風景もあったが、高速の車が通るので危険。眺めただけで通り過ぎることになってしまった。

オーストラリア レンタカー旅行 U