ビ ッ グ ・ ベ ン ド 国 立 公 園

ビッグ・ベンド国立公園 
  
Big Bend National Park


 日本では知られていないビッグ・ベンド国立公園 Big Bend National Park ここはジェームス・ディーンが主演の映画「ジャイアンツ」の舞台テキサス州の南にある。国立公園は映画で唄われた懐かしのリオ・グランデ川に沿い、対岸はメキシコだ。

 ビジターセンターで夕日と朝日のときに美しい風景の場所を尋ねたら、夕日は
Rio Grande Village 朝日は Santa Elena Canyon と教えてくれた。

 いずれもセンターからは1時間15分から1時間30分ほどの道のり。巨大な岩峰を見ながら、夕日の風景を見ようと車を進める。川ガ見えた。あれ、想像していたような大河ではなく、幅が僅かな川だ。川が夕日に輝き美しい風景だが、岩壁が見当たらない。

 
Boquillas Canyon Overlook からは、川の水を飲みに来ている野生の馬や牛、羊などの姿はみえるのだが岩壁らしきものはない。この先に人の踏み跡のようなものがあるからひょっとしたらとの思いが横切る。

 夕日は既に沈み始めているが、急いで踏み跡をたどる。しばらく歩くと夕日が大きな岩壁にあたっているのが見えた。その下に川が流れている筈と脚を早めた。

 やっとたどり着いたが既に川に日はなく、岩壁の上に淡い光が射しているのみ。いささか残念、気付くのが遅かった。

 翌朝、日の出は6時55分、6時30分には日の出ポイントに到着できるようにと5時05分ロッジを出発。黒い巨大な岩壁の上に月が煌々と輝いている。

 陽が射し始めた。岩壁が上から次第に赤く染まっていく。何という絶景だろう。風景を眺めシャッターを切り、我を忘れてしまっていた。帰途の道から振り返るとまだ月が残っていた。旅行の最後にすばらしい風景が見られすてきな想い出となった。

 ビッグ ベンド国立公園はベランダに座りコーヒーを飲んだり、本を読んだり、静かに過ごすには最適なところとの思いをもった。娘夫婦もここで1週間滞在するならまた付き合うよと。再訪の機会があればと思いながら公園を離れた。

撮影日 2008.6.22〜6.23

アメリカ南西部旅行