アメリカ南西部レンタカー旅行

サワロ国立公園  Saguaro National Park

6月16日(12日目)  快晴

 5:45 起床、6:45 朝食、F.Tさんの体調は戻ったようだ。話し合いの結果、F.Tさんはこのホテルに滞在、残る3名は旅を再開、都合のある娘夫婦は明日午後我々を追いかけてくることになった。

 8:10 3名はホテルをチェックアウト、I−10を南下する(インターステイトや国道は偶数は東西、奇数は南北だが、道路の途中でそうではない場合がある) 地図ではExit−246からサワロに向かうのだが、Exitー242の手前にサワロへの出口と表示があったので表示に従いサワロをめざす。道の両横は小麦畑だ。

 11:00 サワロ国立公園 Saguaro National Park 西地区 ビジターセンターに。車を降りると暑さがいっきに襲ってきた。東地区も立ち寄りたいといって説明を受ける。日本語のビデオを上映するからと映写室に案内される。いろいろとやっていたがうまくいかず結局は見られなかったが。日本語の説明書も用意されていた。

 12:15 センターの庇で陰のある場所で昼食、時おり風が吹き抜けて暑くはない。寒暖計をみると華氏108度。

 教えてもらった未舗装で一部は一方通行の周遊道路 Hohokam Road を走る。奇妙な姿の大きなサボテンがにょきにょきと生えている。ちょっと不思議な世界に迷い込んだよう。

 白や赤の花がいくつかのサボテンに咲いている
。高い花のところに小鳥が飛んできて花をついばむ。仁王立ちしたようなサボテンが青空に向って腕をつきだしている。母親が子供を抱きしめているようなサボテンもある。

 遠くに竜巻が発生している。あれまた竜巻だ。小さな竜巻はしばらくすると消えてしまうが、大きくなってこちらに向ってくると怖いことになるなぁ。

 ビジターセンターで教えてくれたモーテルはこの近く ツーソン  Tucson にある。宿を確保しておこうとモーテルを探し予約を済ませた。

 16:50 モーテル発。再び Hohokam Road に。ぽっかりと浮かんだ小さな白い雲と天に伸びたサボテン、岩場に一本だけ生えている孤独なサボテン、さまざまなサボテンを愉しむ。

 18:00 夕暮れを待ちながらコーヒーを取り出す。炎天下で飲むコーヒーもなかなか美味い。斜光でサボテンが染まってきた。ふちやとげが赤く輝いてきらきらとする。背景の山が美しさを引き立てている。太陽がサボテンの後になり、シルエットのサボテンを浮かび上がらせる。いい風景だなぁ。

 19:30 モーテルに入る。娘に電話、フェニックスは華氏113度(摂氏42度)になったそうな。20:30 夕食、22:30 就寝。

本日の走行距離 280km   累計走行距離
 3,782km


6月17日(13日目)  快晴

 5:30 起床 7:00 朝食、その後 娘婿に電話、8:35 モーテルを出発。

 Speedway Blvdを東に走る。ラッシュアワーで車が多い。スピード大通りとは名ばかりで 35マイルの走行だ。

 予定よりも遅く 9:40 サワロ国立公園 Saguaro National Park 東地区ビジターセンターに着く。いろいろと教えてもらい、一方通行の周遊道路 Cactus Forest Driveに入る。

 ユニークな姿のサボテンが目に飛び込んでくる。一緒に来ているK.Tさんは西地区よりも東地区の方が気に入ったそうな。西はサボテンの林が見事だが、東はサボテンと一緒に瑞々しい緑の木があるので気分を和らげているのだろうか。

 時々我々の車を自転車の青年が追い抜いていく。この気温と直射日光は厳しいだろうに。車を降りては付近を散策するが、トレイルを歩く元気はでない。

 11:35 サワロ国立公園を後にする。あれ Iー10 にはどう行けばよいのかな。道が違うようだと人に尋ねる。ここまで来たなら Exitー279 よりも Exitー280 が近い。Colossal Cave Rd. を右折すると Iー10 に乗れると。

 12:35 Exit−302でインターステートから州道ー90に入る。マックがある、昼食にしよう。食後はツアーを予約済みのカーチナー洞窟州立公園だ。

アメリカ南西部レンタカー旅行