アメリカ南西部レンタカー旅行

6月11日(7日目) 晴

セ ド ナ  SEDONA

 みたび夏時間不採用のアリゾナ州に、時計の針を1時間遅らせる。USー89からアリゾナ州道ー395を通り 16:15 (ユタ州、ナバホ族居留地時間 17:15) サンセット・クレーター・ボルケーノ国定公園 Sunset Crater Volcano National Monument ビジターセンターに。

 900年前に噴火した火山の噴火跡で、高さ300m以上の奇妙な形の火山岩が見られるとのことで訪れたのだが、車では無理とのこと。時間的なこともあり噴火丘を眺めただけで引き返した。

 なお荒涼としたUSー89走行中目を和ませてくれた雪山の名前を尋ねたらサンフランシスコピークスと教えてくれた。2日後同じ山を熱気球から遠望できた。

 I−40からシーニックロードのUSー89Aに。I−17を走るとセドナには早く着けるが、美しい景色を眺めたいからシーニックロード通行を選択した。USー89Aは高い樹木の緑深い森林の中を通っていく。曲がりくねり幾分細い道が続く。慎重な運転で時間がかかる。

 17:40 セドナで見る最初の巨大な岩 スライド・ロック。セドナの岩は真っ赤と聞いていたが、赤い岩肌に緑の木々、先端は白っぽい
18:10 Midgley Bridge をわたる。 オーククリーク Oak Creek が流れている。小さな駐車場に車が数台、川岸には若いふたりずれが幾組か。もう谷底の流れに光は届いていない。

 USー89と州道ー179のジャンクション ザ・ワイ The "Y" を通過、直ぐのところの モーテルに 19:00 到着。チェックインを済ませレストランに行き夕食。21:50 就寝

 本日の走行距離 536km   累計走行距離 2,517km


6月12日(8日目) 快晴

 3:45 起床 
4:00 モーテルを出る。チェックイン時に早朝は全体が見渡せるエアポートロードからの眺めがすてきと聞いていたので、そちらに向かう。薄明かりの中に見える風景は私達が想像していたのとは違うなぁ。場所を変更しようとレッド・ロック・クロッシングに向かう。

 公園はまだ閉門中。僅かに車を停められる場所を見つけて駐車。さぁ目的のカセドラル・ロックの見える場所はどこか。おそらくこの方向だろうと検討をつけて歩く。舗装された道から砂の道に。川が流れているからこのまま進もう。

 4:50 ここだ。カセドラル・ロックが正面に見える。5:10 太陽が昇ってきた。光はカセドラル・ロックの向こう側にあたる。残念ながらここは夕方がすばらしい光景を展開する場所らしい。

 人気もなく静寂に包まれたすてきな時間が過ぎていく。のんびりと変化していく風景を眺め愉しむ。そろそろ帰ろうかと 5:50立ち上がり 6:15 モーテルに戻る。

 モーテルから正面にコーヒー・ポット・ロックとチムニー・ロックが見える。ベランダに座りしばらく眺めていたら気分が落ち着いていく。広場に出て写真を撮る。手前にはサボテンを入れて。

 10:10 モーテルをスタート、観光案内所に。地図を出し、詳しく説明しながら5ヶ所の見所を教えてくれる。

 まずホーリークロス教会へ。道路工事中で大渋滞、11:00 CHAPEL OF HOLYCROSS 駐車場、手前の方に誘導されたので教会までは坂を上がる。

 目の前に現れたのは教会の建物そのものが十字架になっているシンプルなものだ。教会は岩山の上に聳えている。ここは山頂、周囲が見渡せるすてきな場所だ。教会の左手に壮大な赤い岩、正面はマザー&チャイルドとザ・ナンズ、
教会の窓越しにハウス・ビュートが見える。

 11:50 レッド・ロック・カントリー。短いトレイルを上がる。山頂からの眺めは360度、抜群の風景が見える。人もいない。赤い岩に腰をおろす。爽やかな風が吹いてくる。コーヒー・ポット・ロックとチムニー・ロックがよくみえる。

 エアポート・ロードを通りエアポート・オーバー・ルックに。エアポート・レストランがある。周囲が見渡せ、ベランダで食事が出来るとテーブルに着く。 12:30 昼食。13:40 そろそろ出かけようかと立ち上がる。

 14:00 BOYNTON PASS ROAD ビジターセンターで教えてもらった場所だが、岩の名前は記載されていない。立派な岩が多く、この見事な岩では地図に名前が載らないのか。

 14:55 RED ROOK LOOP に入る。ここはすてきだと道端に車を置いて少し奥に。ジュ二パーの木の周辺に撮影機材を持った人が数名、容姿のきれいな女性モデルがその木の前でポーズをとっている。後には大きな赤い岩が(岩の名前は地図には載っていないし、聞くチャンスもなかった)

 
突然ガソリン残油が50マイルと表示される。セドナ市街までの距離は10マイル余りだから大丈夫だが、毎朝の給油は必須と改めて確認した。その後給油と買い物を済ませて 16:50 モーテルに。17:20 軽く食事、18:00 モーテルをでる。

 再びレッド・ロック・クロッシングを目指す。公園駐車場に車を入れる。オーククリークで子供たちがはしゃぎながら泳いでいる。水鳥も水浴びで愉しそうだ。18:35 カセドラル・ロック が正面に聳えている

 18:50 カセドラル・ロックが夕陽に輝きだした。赤い岩が深紅に変化、川面が暗く沈んでいく。緑の樹木と赤い岩が川面に映る。テレビコマーシャルで見る風景そのものだ。撮影一段落後川岸の平らな岩に腰をおろし色彩の変化を愉しんだ。間もなく公園閉演時間だ、車が出せなくなると 19:40 腰をあげた。

 今朝早く起きたし、明日も早いと 21:00 就寝

本日の走行距離 113km   累計走行距離 2,630km


6月13日(9日目)  快晴

 3:45 起床 急いで身支度を済ませフロントに。娘が予約してくれた熱気球搭乗のピックアップを待つ。約束の時間が過ぎたなぁ。大丈夫だろうな。かなり遅れた 4:45 迎えの車に。

 途中のモーテルで2名の乗車、10分ほどで広場に到着。直ちにバルーンを広げガスの噴射を開始。まだ辺りが暗い中でバルーンがガスでオレンジ色に染まり、次第に立ち上がっていく。今ここで5台の熱気球が準備中。乗客もバルーンを広げてガス注入に協力、いや多いに愉しんでいる。

 5:10 いよいよ乗り込み開始、籠に足をかけて中に滑り込む。合計6名、パイロットを入れると7名、狭くていささか動きづらい。5:15 上昇開始。

 朝もやの中ぐんぐんと上昇、3,000フィートまで昇ると説明あり。地平線が黄金色になってきた。その上の空の青さも明るさを増してきている。地上はまだ暗闇のまま。

 高所恐怖症の妻も子供のような表情をしている。怖くはないのだろうか。パイロットが時々ガスを噴かせて気球を上に上げている。そのせいか、少しも寒くない。4つの気球もふんわりと浮かび、上に下にとなりながら大きな岩に近付いていく。

 陽が射した地上は柔らかい風景が展開している。遠くには別の会社の気球が漂う。遠くの雪を冠った山の名前を訊いたらサンフランシスコ・ピークスと。USー89 走行中に見えた山だった。

 6:20 空中散歩終了。風がなかったからだろう揺れはまったくなく、吹きさらしにもかかわらず寒くもなく、本当に快適な乗り物だった。美しい風景も堪能できてすてきなひとときだった。


 助手がバルーンをたたみ片付けている側で、ワインと軽食が準備された。食事を片手に笑顔の会話があちこちで弾んでいた。
7:40 モーテル帰着。直ちに朝食。久し振りにワッフルを焼いて食べた。

 9:10 モーテルをチェックアウト、森の中の道 US−89A を経由、フラッグスタッフ Flagstaff で Iー40 に。西に向う。

アメリカ南西部レンタカー旅行