アンボセリ国立公園  
               
                           
               
               
                           
                           

 アフリカ最高峰で赤道直下にあるマウント・キリマンジャロ、その秀麗な山容を一望するアンボセリ国立公園、ノーベル賞作家ヘミングウェイが「キリマンジャロの雪」を執筆した場所としても有名だ。
 
 雪のキリマンジャロをバックに悠然と歩く象やキリンの写真を見て一度は行きたいと憧れていたアンボセリ国立公園、今はその期待に応えてくれる光景に何度も出会い感激するシーンが続いた。
 
 象はいずれも大きな群れだった。特に29日の朝は40〜50頭 子象が親象の後について歩く姿が何組もみられた。
 
 象やキリンはサファリ・カーを恐れずすぐ近くまで近づいてくる。時には車を降りて観察している前10mほどを横切って行った。

     

 めったに遭遇しないチーター(道のすぐ脇にいた)や夕日に赤く染まる象の大群、遠くに見えたダチョウの家族、フラミンゴの大群、ウガンダの国鳥カンムリズルの親子など、一見のどかで平和に過ごしている動物を間近に観察。

 滞在中は毎日快晴、キリマンジャロを眺める美しい景色と多くの種類の動物や鳥に出会えて、充実した3日間となった。

撮影日 2018.5.28 & 5.29
撮影地 ケニア アンボセリ国立公園

東部・南部アフリカ7ヵ国の旅  おりおりの熟年生活(海外レンタカー旅行)