東部・南部アフリカ絶景の旅

  5月24日 晴れ

 自宅〜成田国際空港〜ドーハ・ハマド国際空港

 先日今回の旅の添乗員 三好さんからの電話で様々な情報を受け、24日は20:20集合、成田空港でお待ちしていますと。

 
18時45分 車で自宅から成田空港に向かう。東関東自動車道は混雑していたが19時20分空港に到着、第2ターミナルのパーキングに駐車。出発ロビー・団体カウンターに向かう。アメリカ便などの利用時は大変混雑している成田空港の出発ロビーが、これからの時間帯での出発便が少ないからか空いていて歩きやすい。

 団体カウンター前で旅行会社の係員から、タンザニアのビザ取得のため預けていたパスポートの返却と、成田〜ドーハ〜キリマンジャロの飛行機のeーチケットを受け取る。添乗員は搭乗手続きのカウンター付近でご挨拶とお手伝いをしていますと。

 添乗員 三好さんからご挨拶を受ける。飛行機への搭乗はご自分でお願いします。飛び立った後お座席に参り、ドーハ到着時の待ち合わせについてお話します。念のため海外旅行傷害保険の加入はお済ですかと訊ねられた。スーツケースを機内預けにしてその場を離れた。

 今回訪れる7ヵ国のうち5ヵ国はUSドルが使えるが、ナミビアと南アフリカは南アフリカランドが必要と先日の電話できいている。昨年のアメリカ旅行時に交換し未使用で残ったUSドルを持参、このうち幾らかを南アフリカランドに両替した。

 20:00 JALのサクララウンジへ。この旅ではカタール航空で日本とアフリカを往復するが、同航空はJALなどとともにアライアンスはワンワールドに加盟していて、成田空港ではJALのサクララウンジを利用できる。機内食は23:00を過ぎてからだろうと、軽くカレーと果物を食べた。

 21:40 機内へ。座席に着くと隣接の女性から声をかけられた。ユーラシアのアフリカ旅行ですかと。胸には私たちもつけているユーラシアの小さなバッジが見えた。自己紹介をしあい、良い旅になればよいですねと、しばし話し合った。CAからウエルカムドリンクにシャンパンを受け取り旅の安全を祈った。

 22:00 定刻よりも20分早くターミナルを離れ飛行開始。ほどなく食事と飲み物は何になさいますかと、しばらく和食は食べられないからと和食会席、飲み物はワインを選択した。

 23:00 液晶画面に映し出される飛行ルートで敦賀付近から日本海に抜けたようだ。この後は朝鮮半島から北京を通過してドーハに向かうと表示されている。前菜が運ばれてき食事となった。 日にちが変る 0:15食事を終る。その頃朝鮮半島を抜けた。

 0:45 CAがキルティングのシーツをシートにかけてベッドメイキングをしてくれる。フラットシートになってからいくつかの航空会社の便を利用しているが、ベッドメイキングは初めてのことだ。この辺りが2017年ワールド・エアライン・アワードに認定された要因かな。

 ドーハ到着は深夜だからと就寝、ぐっすりと休み 6:00 目覚めた。コーヒーをもらい、マッサージを使用、体のコリがほぐれていき快適だ。7:30 朝食も和食を選択した。

おりおりの熟年生活(アフリカの旅)   おりおりの熟年生活(海外レンタカー旅行)