オールドフェイスフル・ガイザー  イエローストーン国立公園  
               
                           
               
               

 オールドフェイスフル・ガイザーはイエローストーン国立公園のシンボルとなっている有名な間欠泉だ。大噴出を見ようと噴出が近づくと大勢の人が オールドヘイスフル・ガイザー を半円に取り巻いている長くて広いウッドデッキに集まってくる。ベンチがオールドヘイスフル・ガイザーに向って3列に置かれているが、大変人気があるので遅れてくると背後から立見となる状況。

 通常は白い湯気が噴き出しているのだが、小さな噴出を数回繰り返した後、突然シュシュと音が聞え、白い熱湯が矢じりのように青空めがけて細く高く吹き上がりクライマックスを迎える。矢じりの高さは30〜50m。

 クライマックスでは湯気が大きく広がり高さも矢じりの2倍以上になる。風の吹き具合いによって、矢じりが浮かび上がりもするが、また湯気の中にまぎれて見えにくいこともある。

 噴出はほぼ60〜90分毎で前の噴出時間の長さで次回の噴出時間が予想できるそうだ。24時間噴出しているから夕暮れの空と調和した風景や、朝の冷気で周辺のガイザーとともに大きな蒸気を上げる景色も捨てがたい。

 夜は暗く沈んだ空に煌々と月が照り、大噴出した蒸気が月を遮る。月の反対を見ると北斗七星がくっきりと輝き、周りには星々が煌めく。白い蒸気を引き立てる背景として最高の演出をしてくれる。

 オールドヘイスフル・インの2階のベランダから眺めたり、オブザベーション・ポイントに上り、アッパー・ガイザー・ベイスンを見渡しながら、大噴出するオールドフェイスフルを眼下に見たのもよい思い出に残る。


撮影日 2017.8.27〜8.30
撮影地 アメリカ イエローストーン国立公園 

イエローストーン グランド・ティートン レンタカー旅行

61才からはじめた海外レンタカー旅行