ミニットマン旧核兵器発射基地  
               
                           
               
               

 米ソ冷戦時代、アメリカがソ連を照準に核弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイル・ミニットマン(アメリカ独立戦争時の民兵・ミニットマンに由来する)を配備した発射基地跡だ。

 現在は冷戦終結後に、米ソで結ばれた戦略核兵器削減条約に基づいて閉鎖されて、Minuteman Missile NHSとなっている。

 基地跡は一面見渡す限りの広大な草原だ。D−1は司令塔(ミサイル発射の制御室など)で、周辺にはミサイル発射施設が点在していたが現在はD−9が史跡として保存されていた。

 D−9にはミサイルの地下サイロがあり、ガラスで覆われたサイロを覗くと、弾頭を上にしたミニットマン・ミサイルを見下ろすことができた。

撮影日 2017.9.1
撮影地 アメリカ サウスダコタ州

皆既日食 サウスダコタ コロラド レンタカー旅行

61才からはじめた海外レンタカー旅行