グレート・サンド・デューンズ国立公園  
               
                           
               
               

 グレート・サンド・デューンズ国立公園は砂丘地帯、森林地帯、高山地帯で構成されている。私たちは砂丘地帯を中心に行動した。

 砂丘の前には Medano Creek がある。靴を脱いで渡るのだが、水に浸かった足はひんやりと心地よい。川底は砂丘のように凹凸があるので、海のうねりのようなさざ波となって流れている。

 砂丘に向かう。はじめは小川からの続きで素足で歩きだしたのだが、ほんの僅かな距離を歩いただけで火傷しそうな熱さに変わり、慌てて靴を履いた。

 砂丘は形状が終始変化しているのでトレイルはないけれども、遠目に見ると人の流れは左右に2つあり、この時点でのにわかなトレイルができているようだった。そのひとつを目指して歩きはじめたのだが。

 雲は多いが陽射しが砂丘を照らしている。太陽が上にあって砂丘に影はない。ビジターセンターは2,500mで空気が薄いうえ砂丘の高さは230m、幾分体調不良だったので、砂丘を上ることは無理だと判断して、諦めて引き返した。

 4WDで Medano Pass Primitive Road を走り途中の駐車場に車を停める。トレイルを少し歩いて砂丘を遠望。夕暮れになり砂丘に影が出現したが期待したような景色には出会えなかった。


撮影日 2017.8.23
撮影地 アメリカ グレート・サンド・デューンズ国立公園

皆既日食 サウスダコタ コロラド  レンタカー旅行

61才からはじめた海外レンタカー旅行