皆既日食 サウスダコタ コロラド レンタカー旅行

第15日 2017.9.1 (月) 曇りときどき晴れ

デビルス・タワー & バッドランド国立公園

 3:25 日本の知人から秋の旅行計画の電話が着信、SNSで返信する。外に出たが星は見えないので、デビルス・タワーと星の撮影は諦めた。5:00 起床 6:00 朝食。

 6:50 デビルス・タワーに向かう。真っ赤な太陽が飛び込んでくる。ここ数日の太陽は大きく真っ赤だ。前方には白い雲が一面に広がっている。バックミラーに茜雲が映る。州道24号の手前のカーブやその後の直線の道路からデビルス―・タワーが望めた。

 雲の中に隠れていた太陽が時々顔を表す。デビルス・タワーのゲート前についたが、国道24号をそのまま進み、やや離れ異なる姿のデビルス・タワーをカメラに収めた。太陽は雲から顔を出すが直ぐに隠れる。 8:30 駐車場に、天候はすぐれないからトレイル歩きはやめて、8:55 デビルス・タワーを後にした。

 国道90号に戻り東へ、10:05 ブラック・ヒルズへの道 国道14A スピールフィッシュ・キャニオン・シーニック・バイウエイに入る。それまでの草原から風景は一変、広葉樹の明るい森になった。崖に挟まれた谷間の道、横を流れる川の幅は狭く、水も少ない。途中から高所には針葉樹が加わった。

 10:30 ブライダル・ベール・フォール 滝の側で遊ぶ子ども達、ピクニック・エリアもにぎわっている。ラフロック・フォールへのトレイルを歩く。木漏れ日に照らせれる滝だった。

 12:00 デッド・ウッドの街中に、給油を済ませ ベーコン・キングで昼食。12:50 再び国道90号を東に走り出した。あいかわらず広大な草原 BUFFALO GAP NATIONAL GRASSLANDで、走行中の車から見えるのは草と地平線だ。

 14:40 EXIT 116 広い荒野に変化はない。何かがぽつんと所在無げに存在している、それが 旧ミニットマン核兵器発射基地跡だった。

 今は史跡として公開されているのだが、金網で囲まれ鍵がぶら下がっている。僅かに腰をかがめて人ひとりが通れる隙間がある。中には数名の人が制服を着たスタッフから説明を受けていた。本物ではないのだろうか、ミサイルがガラス越しに見ることができた。

 続いて EXIT 127 同じように荒野の中に粗末な建物が。ここは金網から中には入られなかった。建物は粗末だが、ここはコントロール・センターで地下には重要な機器類が収容されているとのことだった。後で知ったのだが事前予約をすれば、内部を案内してくれるそうだ。

 国道90号を西に戻り EXIT 110を出て 15:30 州道240号に入り バッドランド国立公園に向かう。国立公園の手前の草原に道をそれると落差のある断崖、その先は目をみはる不思議な景色で車をしばしば止める。

 16:35 公園入口 ピナクルズ・エントランスに。 バッドランド・ループ・ロードを通り、幾つかの展望台からバッドランドの風景を楽しむ。様々な美しい岩山、赤紫色の帯状の模様、黄色く盛り上がった丘、バッドランドではなくビフティフル・ランドではないか。

 19:20 今夜宿泊のキャビンにチェック・イン。数日前までの寒さとは異なり、ここは暑い。ベランダに出て明るい月を眺めて時間の過ぎるのを忘れてしまった。20:00 夕食

 夕食後家内とベランダへ。至福の時間を過ごす。明日の観光で海外レンタカー旅行は終わりにしようと話し、今までの思い出がつきず。22:00を過ぎて部屋に入った。22:30 就寝

 本日の走行距離
 487km  累計走行距離 4,538km

皆既日食 サウスダコタ コロラド レンタカー旅行

61才からはじめた海外レンタカー旅行