皆既日食 サウスダコタ コロラド レンタカー旅行

第14日 2017.8.31 (木) 曇り

デビルス・タワー

 6:00 起床 6:45 朝食 外に出ると車の直ぐ横に鹿が2頭、私を見てゆっくりと歩いて立ち去って行った。7:35 出発 7:45 給油

 一路北上、制限時速は113km。朝日に輝く牧草と牧草ロール、ひまわりの花もきれいだ。快適に走る。

 走ってきた道路を離れ高台に、8:20 ハートマウンテン日系人強制収容所跡と思しき広い草原に着いたが、それらしき形跡がない。星条旗の近くのスペースに車を停めた。星条旗の下と、その周りに説明が書かれている。


 カリフォルニア州にあるマンザナール日系人強制収容所跡では、生活していた兵舎のような建物があり、内部に狭い間隔で並べられた簡易ベッドがあった。また収容されている人に番号がふられて胸につけていたこと、自分たちで作った机や子どもの玩具、発行した新聞などが展示されていたし、スポーツなどの日常生活の様子を写した写真があった。

 ここハートマウンテンでは説明書きが有るだけでそのようなものは一切なく、遠くに特色のある形の山 ハートマンテンが見えた。説明書によると450棟以上の建物があり、1棟に6家族が収容されていたこと。戦場に750名が出征し15名が戦死したことなどが書かれていた。8:50 ハートマンテンを離れた。

 車のナビ ガーミンで目的地 デビルス・タワーを指定。
今朝の道を出発地まで戻り14号を東に向かう予定だったが、北上後14Aを走ると表示された。地図を見ると山道の景勝道路を通る。昨日走った風景の続きよりも、変化が有りそうだとガーミンに任せて走り出した。

 9:20 山岳道路になる手前 小さな町 Byronに。パトカーと警官が。対向車線にも同じでパトカーの後ろに車が止まっている。交通違反取締のようだ。

 山岳道路に入る、荒涼とした大地だが美しい景色だ。峠からは眼下に見える風景に見とれて車を停める。3,000mを越える山のほぼ山頂まで続く急な坂で、冬季閉鎖となっていた。峠を越えると高地のなだらかな道になった。十国峠を大きくした印象だ。ガーミンの粋な計らいだと思えた。

 11:20 国道14号に合流、山間の崖道に変わる。12:00 90号線に入る。草原地帯になった。どこまでも続く。12:40 バッファローに到着、街中に進みゼネラルストアで給油後 ポテトチップとコーラがセットになったホットドッグを購入し昼食
 13:20 ゼネラルストアを離れ再び90号で東へ向かう。

 14:40 90号から デビルス・タワーへ続く国道14に進む。まだ草原が続く。25分後州道24号の手前4kmほどのカーブからデビルス・タワーがちらっと見えた。途中何枚かの写真を撮りながら 15:35 デビルス・タワーの駐車場に車を停めた。

 トレイルを時計回りに歩きはじめる。松林が続き、その上にデビルス・タワーが聳えている。崩れたのか大きな岩がうず高く積みあがっている。近くで見るデビルス・タワーは縦に長い岩を並べたかのようだ。中腹にザイルを結んだカップルが、今夜はあそこで夜を明かすでしょうとレンジャーが話してくれた。17:20 駐車場へ。宿への道すがら鹿に数度遭遇する。小雨が降ってきた。

 18:30 宿に着いた。19:10 夕食 その後外に出て天候を確認したが曇り、デビルス・タワーと星の撮影は諦めた。21:30就寝

 本日の走行距離 551km  累計走行距離 4,051km

皆既日食 サウスダコタ コロラド レンタカー旅行

61才からはじめた海外レンタカー旅行