皆既日食 サウスダコタ コロラド レンタカー旅行

第1日 2017.8.18 曇り

羽田〜シカゴ

 今回の旅は、皆既日食と夏の旅行シーズンが重なるため早めに予約を済ませようと、昨年8月に計画を始め、9月には航空券、宿、レンタカーの予約を終えた。また今年の春に傘寿となったので、海外をレンタカーで周遊する旅は今回を最後にすることにしているので、楽しい自由旅行はこの旅が最後の見込み。

 予約した航空機は羽田空港を午前の出発、ラッシュアワーにかかるので高速道路は込むし、事故で渋滞になるかも知れないと早朝家をでることにした。家内の友人Yさんから、それでもバス乗り場まで送ると、遠慮なくお言葉に甘えることになった。

 6:15 迎えに来ていただいた車に荷物を積み京成津田沼駅へ。予約済みのバスはJR津田沼駅始発の経由便なので出発時刻の直前に到着すると思っていた。ところがバスは10分も早く乗り場に到着。予約の乗客が多くバスは2台になり、1台が京成津田沼駅からの出発になったとの説明。バスは定刻の6:37羽田に向った。

 7:30 羽田空港国際線ターミナル、ラッシュにもあわず所定の時刻よりも早い到着だった。ANAのカウンターで搭乗手続きを済ませ、スーツケースを預ける。海外旅行傷害保険に加入、僅かばかりの両替をして保安検査場へ。

 リックにはいつも持参する予備カメラとGPS・ガーミンの他、日食撮影用の150−500mmのレンズと皆既日食時のコロナを観測する10倍率の双眼鏡が入っている。そのためか入念に時間がかかって検査器を通過した。

 8:20 出国審査を終えてANAのラウンジへ
いなりずしなどの軽食をとり、コーヒーを呑みながら朝刊を読んで時間を過ごした。娘から気をつけて行ってらっしゃいとメールが着信。

 10:35 機内に。ウエルカムドリンクはスパークリングワインを選び、家内と前途を祝して乾杯。11:00 NH011便 羽田発シカゴ行はタラップを離れた。11:15 離陸 直後のスクリーンに、シカゴまでの距離 10,135km 飛行時間 11時間05分と表示された。離陸後5分で雲の中、その後も状況は同じだった。

 しばらくしてCAからの挨拶と食前酒は何になさいますかと。食事は銀座・奥田のシェフが監修の和食を数日前に事前予約していた。和食にあわせようと、メニューに空の上の日本酒旅として紹介されていた「東光 純米吟醸原酒」をお願いした。


 11:50 先付が運ばれてきた。続いてお造り、小鉢。メインは伊佐木胡麻塩焼き、長い飛行時間だからとゆっくりと味わった。デザートはフルーツを選び日本茶をいただいた。13:20 食事終了。

 しばらくスクリーンを眺めていたが、シカゴ到着は現地時間の朝8時過ぎ。少し睡眠をとろうと 13:50シートをフルフラットに変えて就寝した。 16:00 起床 ぐっすりと眠れて気分がすっきりとしている。

 スクリーンでは エドモンドの上空を通過中、現地時間は 7:45 左手の空が白々としてきて、オレンジ色の細い横線が長く伸びて美しい夜明けを迎えていた。

 20:10 太陽が昇る、快晴。鯛とタラコのあんかけの和食が運ばれてきた。アメリカのスーパーでにぎり寿司を購入したことはあるが、今回の旅ではゼネラルストアしかないだろうから、和食とはしばらくお別れだろう。

 搭乗している飛行機はシカゴ・オヘア国際空港を左手に見て通り過ぎていく。眼下にシカゴの高層ビルが林立している。そのままミシガン湖の上に。左に旋回、再び高層ビル群の上に、先ほどよりも近くに見える。スクリーンに滑走路が映し出された。

 22:30 (シカゴ時間 8:30) シカゴ・オヘア国際空港到着、飛行距離 10,551kmと表示されていた。30分後 イミグレーションと税関を通過して、バッゲージクレームに向った。

皆既日食 サウスダコタ コロラド レンタカー旅行

61才からはじめた海外レンタカー旅行