イオラニ宮殿

 イオラニ宮殿はハワイ王朝の栄華をしのばせる、アメリカ唯一の宮殿。ハワイの象徴であり、ハワイの人々の心のふるさとだ。この宮殿の内部はオーディオツアーガイドで詳しく見学することができるが、写真撮影は禁止だった。

 15:50 のツアーに参加。正面のベランダに集合、靴にカバーをはかせ、カメラはビニールの袋に収納。オーディオと宮殿内部の案内書を受け取り。1階と2階は 1から18まで番号にしたがって自由に見学。地下は勲章や王冠、接待に使用された食器、王朝時代の写真などを展示。

 1階の大広間に入る。光沢のある柱や床板。世界で初めてといわれる電気のシャンデリア。正面に豪華な階段が2階に続いている。

 大広間の左手 青の間に進む。この部屋からリリウオカラニ女王はアメリカの海兵隊が配置に就くのをみて、戦争を避けるためアメリカにハワイ王国を明け渡した。女王の抗議声明文にアメリカはどのような思いだったのだろう。壁にはカラカウア王とリリウオカラニ女王の大きな肖像画がかけられている。

 隣の部屋は 正餐の間。公式晩餐会用の陶器、銀食器、ガラスのグラスなどがテーブルの上にセットされていて、晩餐会の準備が整っているようだ。

 広間を挟んで反対の部屋は 玉座の間。重厚な絨毯が敷かれ、華麗で大きな玉座が一対並んで配置されている。接見など公式の行事が執り行われた重要な場所だ。

 2階の上がる。はじめはカラカウア王の寝室。ベッドはあったが、王が使用したベッドの行方は不明だそうな。調度品が少なく質素な部屋だ。浴室は世界で初めての水洗トイレとのこと。その隣の部屋は王の執務室。王が執務した当時の様子がわかる。

 2階の広間を挟んで反対側は女王の間。カピオラニ王妃の寝室はカラカウア王と同じ。正面玄関側の部屋はリリウオカラニ女王幽閉の間。1893年のクーデターにより薄暗い狭い部屋に幽閉されていた。

 地下に下りる。侍従長室、反対は厨房・配膳室と食器類。ギャラリーには王位を象徴する勲章、宝飾品、王朝時代の写真などの展示があり、興味深い見学は約1時間経過していた。

おりおりの熟年生活(ハワイ 飛行機 体験操縦)