谷津干潟 ラムサール条約登録湿地  
               
                           
               
               

 この季節にしては暖かい陽気に誘われて午後久しぶりに谷津干潟公園を訪れた。観察センター入ると、昨日確認されている鳥は10数種、4日前にボラの稚魚が生まれ、その魚を狙うアオサギなどが増えていると解説されていた。

 観察舎からは離れているが、アオサギやダイサギがグループになっている。ときどき1羽が水面をすれすれに飛び去る。その場で羽を広げるだけの鳥もいる。潮が満ちてきて1羽が鳴き声を上げて飛びったった。グループの鳥たちがそれに続き、干潟の上を何度も旋回しながら高く舞い上がり、海の方に向かって行った。

 観察センターを出て干潟を一周する。幾種類ものカモが波の上を漂ったり、日光浴をしたりしている。気が付くとそれまでは干潟の中ほどで漂っていたカモたちが西に向かって泳いでいく。どうしたのだろう。

 今日は3連休のなか日だ。子供たちが大勢来ていて、スタッフから説明を聞きながら望遠鏡を覗いて観察したり、テーブルを取り囲んで勉強をしたりしている。

 観察会では「ぶらっと観察会 公園の小鳥をさがそう」「もうすぐ旅立ち!冬の渡り鳥を見送ろう」「干潟の海水をのぞいてみよう」「干潟の生きものをさがそう!」「春一番 ワクワク自然あそびラリー」など、日曜日や祝日にはさまざまな観察会が開催されると案内されていた。

撮影日 2016.3.20
撮影地 千葉県習志野市 谷津干潟公園