サッカー日本代表候補の合宿  
               
                           
               
               

 サッカー日本代表候補の合宿が、5月12・13日に千葉県のサッカー場で行われた。

 この合宿は国内の28選手が集められ、海外組は招集されていないのだが、スタンドはほぼ満員だった。

 このサッカー場ではオシム監督時代からしばしば合宿が行われていたけれども、観客はそれほど多くはなかった。ハリル監督と選手たちへの期待の大きさが現れているように思われた。

 打撲の武藤選手と手術後の山口選手は別メニュー。ふたりで軽くグランドを走ったりしていた。

 選手はポジションごとに分かれて、シュートや寄せのスピード、パスの受け方など密度の濃い練習を繰り返していた。

 ときにはハリル監督自身が選手に動き方を説明し、その後自らボールを出して実演。選手には大いに参考になり、大きな刺激を受けたのではなかろうか。

 2日間の短期、2時間弱の短時間の合宿で、ミーテシングとトレーニングを終えたスタッフを含む全員。監督を囲む円陣を作って手を重ね合わせ、コーチの上げた手を合図に解散。

 ピッチを去っていくハリル監督は
手ごたえを感じているのか笑顔が絶えなかった。 
   

おりおりの熟年生活(お茶の時間)