木 曽 馬  
               
                           
               
               

 3月23日誕生の仔馬が母馬と2頭で丸馬場に放たれていた。初めての野外でたのしいのか、いろいろな仕草を見せてくれる。

 母親の乳首をまさぐってお腹をいっぱいにした後、短い尻尾を振りながら元気よく放牧場内をかけ回わる。しばらくするとごろんと横になり暫しの午睡。目を覚まして上げた頭をいとおしげに眺める母親。

 立ち上がった仔馬が歩き出すと、その後からいつくしむようなしぐさでゆっくりとついて行く愛情あふれる母馬。また乳房をもとめる仔馬。

 夕暮れが近づき馬房に戻されるさい、親馬はおとなしくひかれていったが、仔馬はいやいやとはねまわり、最後は女性スタッフにだかれるように抱えられていた。抱るなんてことは僅かな時だけだろうから、スタッフは何とも幸せを感じたのではないだろうか。

撮影日 2017.4.2
撮影地 長野県開田高原 木曽馬の里

おりおりの熟年生活(開田春秋)  おりおりの熟年生活(海外レンタカー旅行)